アプリケーションを触りだすまえに

どうも。こんばんはナベでございます。

職業柄一日の中でPCに向かっている時間が多いのです。

WEBデザイナーって職業は作業はすべてPC上で解決するかと

思いきや、僕の場合はまず紙にラフスケッチを描きます。

サムネールですね。

120924_350px

ラフスケッチのお供はUCHIDA DRAWING HOLDERを使います。

英語で表記すると響きがいいですが、要はシャーペンの芯が太い版です。

サムネ制作の段階でイメージが曖昧なままPCで作業を始めてしまうと、

行き当たりばったりなデザインになりがちです。

時間がなくても、サムネを描いたほうがいきなりPCで作業を始めてう~んって

腕組んでるよりもフィニッシュが早いです。

ヒアリングしたことや、自分のデザインのイメージを一度頭の中から

形に起こすことで、デザインの方向性の再検討や疑問点なんかが実際にPCで

部品を作り出す前に検討できます。

PCで部品作り出してる途中で方向性がずれてることに気が付いてデータが

お蔵入りするのはもったいないですよね。

他で使いまわせるかな。。とかって思っても二度と日の目をみることがなかったり…orz

この業界に飛び込んで半年が過ぎようとしている新人デザイナーの方々。

時間がない案件でもまずはサムネを描いて頭の中を整理してPCに向かいましょう!

っと自分にも言い聞かせます(笑)