Cost Proposal

コスト削減のご提案(助成金活用のご案内)

CHOOO OTOKU NA SERVICE

目から鱗のホームページ費用削減プラン

ラボーナなら助成金※1で大きくコストを削減できます!

※1…厚生労働省の「人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)」を活用して人件費・研修費を大幅に削減できるご案内です。

助成金とは言いつつ、他とはちょっと違いますよ♪
詳しくはお問い合わせくださいね!

年間500万円まで支給が可能

1事業主の年間の支給限度額は、500万円まで可能です。

補助金と違い要件さえ合えば受給対象

補助金などにみられる採択式ではなく、条件が合えば支給される助成金です。

書類作成や面倒な提出を全てサポート

社労士さんも不要!スタッフの日誌なども不要!簡単な書類だけご提出いただくだけの丸々お任せいただけるサービスです。

ラボーナの研修が助成金の対象となりました!

弊社の実施する研修が、厚生労働省「人材開発支援助成金(旧キャリア形成促進助成金)」の対象となります。
助成金を利用して、“勝てるホームページ”とするスタッフ研修を行うご提案です。

人材も育って助成金ももらえる!!
利用しない企業は損!?

CASE STUDY

ケーススタディー

例えば…4人研修を行った場合の受給額

0

▼内訳
経費助成(上限):15万×4人
賃金助成:760円×24時間×4人

例えば…10人研修を行った場合の受給額

0

▼内訳
経費助成(上限):15万×10人
賃金助成:760円×24時間×10人

社員さまのキャリアアップのための研修に支給される返済不要の助成金です。

ホームページ制作研修

SEO研修

ライティング研修

Photoshopなどソフトウェアの研修

写真撮影研修

Analytics研修

DETAIL

助成金詳細

1人あたりの助成金額の詳細

上限15万円

(経費助成)

研修1時間あたり760

(賃金助成)

※事業規模が中小規模で、特定訓練コースの弊社の研修を24時間の内容で行った場合の支給額の例です。

REQUIREMENT

内容の要件

◎訓練コース

訓練コースについては、大きく分けて2種類があります。コースは研修される受講者の属性によって変わります。

・特定訓練コース:採用5年以内で、35歳未満の若年労働者への訓練
・一般訓練コース:上記以外の労働者に対する訓練

◎助成額1人1コースあたりの受給額

受給できる助成金には、「経費助成」と「賃金助成」があります。
訓練コースと企業規模、厚労省が定める「生産性要件」によって受給できる金額が異なります。

▼受給額

訓練コース 中小企業 大企業
経費助成 賃金助成 経費助成 賃金助成
特定訓練コース
※下段は生産性要件を満たす場合
45% 760円
(1時間あたり)
30% 380円
(1時間あたり)
60% 960円
(1時間あたり)
45% 480円
(1時間あたり)
一般訓練コース
※下段は生産性要件を満たす場合
30% 380円
(1時間あたり)
45% 480円
(1時間あたり)

※経費助成とは、研修にかかる費用について助成される金額となります。
※賃金助成とは、研修時間における賃金について助成される金額となります。
なお、所定労働時間内の受講が支給対象となります。

◎経費助成の限度額(1人あたり)

1人1コースあたりの経費助成の限度額は実訓練時間に応じて下表のとおりとなります。

訓練コース 企業規模 20時間以上
100時間未満
100時間以上
200時間未満
200時間以上
特定訓練コース 中小企業 15万円 30万円 50万円
大企業 10万円 20万円 30万円
一般訓練コース 中小企業 7万円 15万円 20万円

PROVISION TERMS

支給の条件

◎助成金支給の条件

・労働者を雇用している
・事業所であること
・利用者が雇用保険に加入していること
・中小企業であること(※下表のAまたはBに当てはまること)
・会社都合による解雇がないこと(研修日の6か月前から研修終了日までの期間)

◎中小企業事業主の範囲

中小企業事業主に該当するかどうかは、「主たる事業」ごとに、「A 資本金の額または出資の総額」または「B 企業全体で常時雇用する労働者の数」によります。

▼企業規模区分

主たる事業 A 資本金額または出資総額 B 企業全体で常時雇用する従業員数
小売業(飲食店含む) 5,000万円以下 50人以下
サービス業 5,000万円以下 100人以下
卸売業 1億円以下 100人以下
その他の業種 3億円以下 300人以下

FAQ

よくある質問と回答

どのくらいの期間で研修するのですか?

8時間×3日間の24時間の研修を行っていただくプランをおすすめしております。
もちろん、研修内容のように研修時間でのご相談も可能です。詳しくはご相談いただければと思います。

どのような研修をどこで行うのですか?

お客さまの会社内で行っていただくことが多いです。
ただ、そのようなスペースが無い場合や集中できる環境などで研修を行いたい場合のご相談も承ります。(施設などを借りて研修を行うご提案もさせていただいております。)

研修って...誰が研修するのですか?

お客さまの会社のスタッフさまへホームページをビジネスで活かすための研修を行っていただきます。
ラボーナで行うその研修費用が助成金の対象となります。

これをするとなんの得があるのですか?

スタッフさまが研修を受けることができ、なおかつ助成金でまかなえるというプランです。
全体的には、「ホームページにまつわる費用が大きく削減できるよ」と言ったご案内となります。詳しいご説明もさせていただきますので、まずはお問い合わせいただければと思います。

FLOW

お申し込みから受給までの流れ

01

Request

助成金のお申し込み

助成金申請を弊社にお申込みいただきます。実際に受けたい研修内容などは事前にご相談いただけます。

02

Payment

研修費用のお支払い

研修費用を支払いいただきます。

03

Petition

労働局への書類提出(1回目:申請)

助成金の申請を行います。書類作成は弊社にてサポートいたします。
※お客さまにてご用意いただく書類もとても少なくなっております。

04

Workshop

研修の実施

スタッフさまへ研修を行います。この研修が助成金の対象となります。

05

Petition

労働局への書類提出(2回目:報告)

研修の報告書の提出を行います。

06

Receipt

助成金の受給

報告書が受理されると助成金が支給されます。概ね3ヵ月~6ヶ月程度後に支給されます。

◎支給のタイミングと報告書類について

研修が終了しましたら労働局に研修の報告書を提出します。報告書の作成もサポートいたします。報告書が受理されると助成金が支給されます。(概ね3ヶ月~6ヶ月程度後に支給されます)

◎ご提出いただく書類について

お客さまにてご用意いただきたいものは、代表者様の略歴、雇用保険・適用事業所・設置届の控え、登記簿となります。